転職も慢性疲労解消の解決策

サイトについて

サイトについて私は手術室勤務の看護師です。病棟勤務の看護師とは別な意味で緊張感もあれば、残業もあって、疲れのたまる仕事をしています。でも、世間では手術室勤務の看護師は一般的ではないので、イメージしづらいかもしれません。本当は手術室看護師を目指してくれる人材を発掘するようなサイトを作りたかったのですが、それ以前に看護師全体が抱える人材不足やその結果としての慢性疲労の問題があるので、このサイトではそちらに焦点を絞っています。

それでもダメなら転職を!

看護師は大変な仕事で慢性的に疲労を抱えている人は多いことを説明してきました。給料自体は同年代の人よりも高いですが、その給料以上の業務内容であることも説明してきました。それでも、看護師には社会的な使命があり、やりがいのある仕事であることも事実です。ですから、厳しい環境の中でも、看護師の仕事を続けていけるのです。

それでもダメなら転職を!

看護師の職場の悪循環

でも、最近は看護師不足が加速し、その解消が追いついていないため、残業時間が増えてきています。それが、慢性疲労へ繋がったり、妊娠していても通常勤務を続けていかなければならなかったりという弊害に繋がっています。ある種の堂々巡り、悪いスパイラル状態とも言えます。こんな状態になると、疲労回復のリフレッシュやストレス発散では追いつかないかもしれません。そんな場合は思い切って転職を考えてみるのも一つの解決方法かもしれません。同じ看護師の立場としては、転職をしても看護師として他の職場で働いて欲しいと思っています。現場を離れてしまうと、潜在看護師となって、いつか復帰したいと思っても、技術や知識の面で不安が残り、なかなか復帰が難しいからです。

転職をする場合は

もし転職をする場合は、現状をしっかり分析してからにしましょう。現状の転職の引き金となったのは何か?をしっかり認識しておきましょう。残業時間なのか、人間関係なのか、夜勤などの勤務体制なのか、子育てや家事との両立の問題なのか。残業時間や勤務体制の問題ならば、クリニックや診療所など小規模で入院病床がない病院や民間企業や学校などの保健室勤務などを検討することができます。人間関係の問題ならば、今と同じ規模の病院でも勤務先が変われば、まったく新しい人間関係が始まります。上記の理由であれば、私と同じように手術室勤務の看護師として働くということをお勧めします。その理由としては残業や夜勤がない病院が多いということです。基本的に手術はあらかじめスケジュールを決めて行うので、緊急手術などが発生しない限り残業、夜勤はありません(緊急手術は行わないという病院もあります)。また手術室勤務であれば一般の看護業務とは異なり、手術の準備や手術中の医師のサポート業務(機械出しなど)がメインとなるので人間関係で悩むということはほとんどありません。
子育てや家事との両立の問題ならば、保育所や託児所が完備されている病院を探すか、子育て期間中は働き方をパートに変えるという方法も考えられます。

転職サイトの活用

自分でそういった新しい職場を探すのが、大変だと考えている方は、インターネットの看護師専門の転職サイトの活用をお勧めします。看護師専門の転職サイトでは、担当となるエージェントがいて求職者のさまざまな条件にあった勤務先を探してくれます。病院に直接聞きにくいことも、代わりに調査をしてくれますので、非常に便利です。しかも、ほとんどの転職サイトでは登録料などの費用はかかしませんし、有利な条件の非公開の求人情報を持っていることもありますので、活用しない手はありません。手術室勤務を狙うのであればコチラ↓のサイトがお勧めです。

看護のお仕事の手術室特集のページ
看護のお仕事の手術室特集のページ

いずれにしても、私個人としては、看護師の現場を離れない方法を選択して、元気に現場で活躍してほしいと考えているのです。日々の慢性疲労から脱却し、オンオフの切り替えがしっかり出来る職場が見つかるといいですね!

おすすめ一覧

看護師のためのストレス発散法
看護師のためのストレス発散法

どんな仕事でもストレスは貯まるものですが、看護師の場合は人の命が係わっているだけにその度合いは他の職業よりも高いかもしれません。でもストレスを貯めたまま仕事を続けることは百害あって一利なしです。ここでは私が知っている一般的なストレスの発散法をご紹介いたします。

看護師の3/4が慢性疲労?
看護師の3/4が慢性疲労?

看護師仲間でも「疲れた」「休みたい」というのが口癖だったりしますが、実に4人に3人は慢性疲労だという調査結果を見つけました。ほとんどの看護師が疲労感を抱えたまま仕事を続け、その先には「辞めたい」という気持ちを押し込んでいるのだと、改めて気づかされました。

看護師の給与・手当は少ない?
看護師の給与・手当は少ない?

看護師の給料が高いというのは一般的によく言われることですが、仕事の実情と見比べると決して高いと言えないのも事実です。その看護師の給与と手当の実態、構造について説明して、本当に看護師の給与は高いのか?それとも仕事に見合わず安いものなのかを検証していきます。