ストレス発散で慢性疲労からの脱出を

サイトについて

サイトについて私は手術室勤務の看護師です。病棟勤務の看護師とは別な意味で緊張感もあれば、残業もあって、疲れのたまる仕事をしています。でも、世間では手術室勤務の看護師は一般的ではないので、イメージしづらいかもしれません。本当は手術室看護師を目指してくれる人材を発掘するようなサイトを作りたかったのですが、それ以前に看護師全体が抱える人材不足やその結果としての慢性疲労の問題があるので、このサイトではそちらに焦点を絞っています。

看護師のためのストレス発散法

看護師にとって疲労回復同様に重要なのはストレスの発散です。ストレス自体が疲労の原因になっていることもありますので、ストレス発散するのは重要です。ストレスをため込んでいると疲労が回復しないうえに、メンタルヘルス上もいいことはありません。積極的にストレスを発散しましょう。でも、ストレスを発散するにしても自分にあったスタイルがあります。お酒が好きでもないのにお酒でストレスを発散しようとしても、具合が悪くなるだけですし、カラオケが嫌いなのに友人とカラオケに行っても逆にストレスになるだけです。自分の好きなことに没頭できれば、ストレスは発散できるはずです。以下にストレス発散方法をいくつかご紹介します。

看護師のためのストレス発散法

運動する

軽い運動にストレス発散効果があるのは、科学的にも立証されています。運動することにより身体が温まると、緊張がとけ、リラックス時に働くという副交感神経が働くことがわかっています。一人が落ち着く人は、ヨガやピラティスのようにゆったり身体を動かすか、スロージョギング、自転車で郊外へサイクリングに出かける等の運動がいいかもしれません。友人といっしょに運動を楽しみたい人は、テニスや卓球、ボーリングなどを軽めにするのがいいかもしれません。激しい運動は、翌日以降に疲れが残りますので、避けた方がいいでしょう。

音楽を聴く

音楽を聴くことは心を落ち着けて、精神が安定しますので、ストレス発散に効果があります。静かなクラシック音楽などがいいですが、ロックやジャズでも自分の好きなジャンルであれば、心のリズムと波長が合いますので、効果はあるはずです。気分に合わせた音楽をリラックスした雰囲気の中で聴くのが最もストレス発散に効果があります。音楽を聴くだけでなく、カラオケ好きな人は好きな曲を歌うことでストレスが発散できます。

読書をする

読書は、本の世界に没頭して夢中になることで、心配事や不安を忘れることができるので、ストレス発散に繋がります。読書のストレス発散効果は海外の研究でも実証されています。リラックスするために興味のない純文学を選んでも効果はありません。自分が本の中に没頭することが重要なので、興味のある本、好きな本を選んで読みましょう。漫画や雑誌、絵本でもかまいません。自分が夢中になれる本が重要なのです。

ほかにも買い物や映画・ビデオを観たり、温泉につかったり、旅行をしたり、いろいろなストレス発散法がありますが、自分にあった発散法を見つけて、実践することが重要です。

おすすめ一覧

看護師のためのストレス発散法
看護師のためのストレス発散法

どんな仕事でもストレスは貯まるものですが、看護師の場合は人の命が係わっているだけにその度合いは他の職業よりも高いかもしれません。でもストレスを貯めたまま仕事を続けることは百害あって一利なしです。ここでは私が知っている一般的なストレスの発散法をご紹介いたします。

看護師の3/4が慢性疲労?
看護師の3/4が慢性疲労?

看護師仲間でも「疲れた」「休みたい」というのが口癖だったりしますが、実に4人に3人は慢性疲労だという調査結果を見つけました。ほとんどの看護師が疲労感を抱えたまま仕事を続け、その先には「辞めたい」という気持ちを押し込んでいるのだと、改めて気づかされました。

看護師の給与・手当は少ない?
看護師の給与・手当は少ない?

看護師の給料が高いというのは一般的によく言われることですが、仕事の実情と見比べると決して高いと言えないのも事実です。その看護師の給与と手当の実態、構造について説明して、本当に看護師の給与は高いのか?それとも仕事に見合わず安いものなのかを検証していきます。