慢性疲労とストレスの解消法

サイトについて

サイトについて私は手術室勤務の看護師です。病棟勤務の看護師とは別な意味で緊張感もあれば、残業もあって、疲れのたまる仕事をしています。でも、世間では手術室勤務の看護師は一般的ではないので、イメージしづらいかもしれません。本当は手術室看護師を目指してくれる人材を発掘するようなサイトを作りたかったのですが、それ以前に看護師全体が抱える人材不足やその結果としての慢性疲労の問題があるので、このサイトではそちらに焦点を絞っています。

看護師のための慢性疲労対策とは

看護師の日々の仕事の中で感じる疲労感やストレス。これをそのままにしていては、仕事に良い影響を与えません。本当はゆっくり休養が取れればいいのですが、現実はままなりません。ここでは、短時間でも効果的にリフレッシュ出来る方法とストレスを発散する方法をご紹介します。そして、それでも抱えているものが解消しない場合は、最後の解決法として転職をお勧めします。看護師の職は離れずに、自分にあった職場を探しての転職が理想ですね。

まずは気持ちをリフレッシュ!

まずは気持ちをリフレッシュ!

よく読まれているコラムまとめ

看護師のための慢性疲労対策

看護師の慢性疲労を回復するためには十分な休養が必要ですが、それがままならないときは、短時間でもリフレッシュする方法があります。食事や飲み物による疲労回復やお風呂に浸かるなどの方法がありますが、ここでは、ちょっと変わったリフレッシュ方法をご紹介します。タイ古式マッサージと足つぼマッサージとヘッドスパです。いずれも人の手を借りて、マッサージをしてもらったり、身体を動かしたりするのですが、多少お金が掛かっても効果は絶大ですので、試してみる価値はあります。この記事をチェック

看護師のためのストレス発散法

看護師のためのストレス発散法

看護師のための慢性疲労対策

看護師にとって疲労回復と並んで重要なのがストレスの解消です。ストレスをため込むことは疲労回復の妨げになりますし、精神上もいいことはありません。自分のスタイルに合った方法でストレスを発散するに限ります。ここでは、一般的なストレス発散法として、運動をすることと、音楽を聴くことと、読書をすることをご紹介します。それぞれストレス解消の効果は科学的に実証されていますので、これを参考に自分にあった方法でストレスを発散して精神的にリフレッシュしてください。この記事をチェック

それでもダメなら転職を!

それでもダメなら転職を!

看護師のための慢性疲労対策

看護師の危険な勤務実態

看護師の仕事はやりがいのある仕事ですが、忙し過ぎて余裕がなくなり、疲労とストレスをため込む状況になってしまった場合、ちょっとしたリフレッシュやストレス発散では、気持ちが続かないかもしれません。そんな時はそういう気持ちを抱え込まずに前向きに転職を考えるのも一つの解決策です。個人的には看護師の仕事そのものは辞めてほしくないので、環境を変えて引き続き看護師を続けて欲しいです。新しい職場を探すには看護師専門の転職サイトを活用するのも効果があります。この記事をチェック

おすすめ一覧

看護師のためのストレス発散法
看護師のためのストレス発散法

どんな仕事でもストレスは貯まるものですが、看護師の場合は人の命が係わっているだけにその度合いは他の職業よりも高いかもしれません。でもストレスを貯めたまま仕事を続けることは百害あって一利なしです。ここでは私が知っている一般的なストレスの発散法をご紹介いたします。

看護師の3/4が慢性疲労?
看護師の3/4が慢性疲労?

看護師仲間でも「疲れた」「休みたい」というのが口癖だったりしますが、実に4人に3人は慢性疲労だという調査結果を見つけました。ほとんどの看護師が疲労感を抱えたまま仕事を続け、その先には「辞めたい」という気持ちを押し込んでいるのだと、改めて気づかされました。

看護師の給与・手当は少ない?
看護師の給与・手当は少ない?

看護師の給料が高いというのは一般的によく言われることですが、仕事の実情と見比べると決して高いと言えないのも事実です。その看護師の給与と手当の実態、構造について説明して、本当に看護師の給与は高いのか?それとも仕事に見合わず安いものなのかを検証していきます。